公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

研修会の種類と利用方法

研修会の種類

研修会は、日本栄養士会、都道府県栄養士会、地区ブロック単位などで開催しています。研修は主に、講義形式と演習形式の2つがあります。基幹教育の中の「基本研修」では、「専門職としての役割と倫理綱領」「食と栄養の基礎知識」「栄養ケアプロセス」など必須の研修が含まれます。また、実務研修は、臨床栄養、学校栄養、健康・スポーツ栄養、給食管理、公衆栄養、地域栄養、福祉栄養(高齢者・障がい者)、福祉栄養(児童)の8つの分野に分かれ、それぞれの分野に特化した内容の研修が行われます。もちろん、興味のあるテーマは、自分の業務とは異なる分野の研修も受講可能です。さらに、講義や演習のほかに、情報交換会が開催されることもあり、同じ世代の栄養士仲間ができたり、交流したりすることができます!

基幹研修 1単位の時間 年間提供単位数 内容
基本研修 講義 90分
演習など 180分
概ね10単位以上 キャリアノート資料2
実務研修 講義 90分
演習など 180分
概ね10単位以上
(臨床栄養は概ね13単位以上)
キャリアノート資料3
キャリアノート資料4

受講方法

研修会の開催計画は、「日本栄養士会雑誌」や日本栄養士会および都道府県栄養士会のホームページへ掲載されます。都道府県によっては、個別に案内がある場合もあります。これらの情報を参考に、各自で申し込みます。他の職域の研修会や、他の都道府県の生涯教育へも参加できます。インターネットからの申し込みなど、所定の申し込み方法で、希望の都道府県栄養士会へ申し込んでください。
参加費は、生涯教育研修会の方式で開講する場合、講義1単位 1,000 円、演習1単位 3,000 円程度ですが、都道府県栄養士会により異なりますので、確認してください。

全国で開催予定の研修会

記事一覧を見る

FEATURE特集

記事一覧を見る

PR賛助会員からのお知らせ