公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

  1. Home
  2. 研修会
  3. 第36回食事療法学会

第36回食事療法学会

日時 平成29年3月4日(土)9:30~18:00
3月5日(日)9:00~16:00 ※両日とも受付は8:30~
会場 高知市文化プラザかるぽーと
案内図
生涯教育 23-104、23-107、23-110、412-101
申込締切 平成29年1月13日(金)
 ※締切延長しました※ 1月30日(月)まで受付
参加費 10,000円(税込)
((公社)日本栄養士会会員割引価格:事前登録6,000円(税込)、当日8,000円(税込)、学生3,000円)
受講資格 管理栄養士・栄養士
定員 800名

<テーマ>
維新の道・志国高知で医と食を語ろう~高知からの発信ぜよ~

<内容>
【第1日目】
特別講演「循環器疾患の病態とフレイル対策の栄養療法」(仮)/公立学校共済組合四国中央病院副院長・臨床研究センター長 中屋豊
文化講演「龍馬の時代」/土佐史談会会長 宅間一之
学術講演「膵炎治療の最新知見~急性膵炎、慢性膵炎治療ガイドライン2015より~」/高知大学医学部附属病院消化器内科科長 西原利治会員対話「検討中」/厚生労働省保険局医担当官
情報交換会/サウスブリーズホテル

【第2日目】
一般演題(口演・ポスター)発表
教育講演「がん治療と食事療法~食欲低下、味覚障害、術後栄養を考える~」/高知医療センター副院長・腫瘍内科長 島田安博
シンポジウムテーマ「医と食の新時代 在宅栄養管理の未来を語ろう」
「地域包括ケアシステムの概念」/兵庫県立大学大学院経営研究科教授 筒井孝子
「高知医療・介護情報連携システムの紹介」/高知大学医学部医療学(公衆衛生学)講座講師 宮野伊知郎
「地域包括ケアシステムでのICTを活用した取り組み」/医療法人聖真会渭南病院栄養科在宅担当 井上美由紀
「食を通じて在宅生活を支える~宮城県大崎地域の取り組み~」/特定非営利活動法人ハッピィート大崎管理栄養士 小関良子
「在宅生活の継続を多職種で支える~大分県の取り組み~」/介護保険総合福祉センターメルヘン 濱田美紀

<申込方法>
下記お申し込みボタンよりお申込みください。
Webでのお申し込みができない方は、申込書に必要事項を記入のうえ、返信用封筒(長3封筒に82円切手添付、送付先住所を記入)を添えて下記までご郵送ください。
※会員番号(8桁)の記載がない場合には会員割引は適用されません。会員の方は必ず会員番号を記載してください。
申込書をダウンロード

<申込・問合せ先>
(公社)日本栄養士会 「第36回食事療法学会」係
105-0004 東京都港区新橋5-13-5 新橋MCVビル6
Tel 03-5425-6555
 
・ファクシミリによる申し込みは受け付けておりません。
・宿泊は各自ご手配ください。
・託児所(完全予約制・定員あり)を開設します。詳細・お申し込みはこちら

<注意事項>
・キャンセルされる場合は必ずご連絡ください。
・開催日前日より起算して2 週間前よりキャンセル料(参加費全額)が発生いたします。
・上記期限を過ぎた場合、参加者の自己理由による不参加、不測の事故・災害等による不参加については、一旦納入された費用はお返しいたしません。未払いの場合は、請求させていただきます。

<生涯教育>
実務研修-23-104.23-107.23-110.病態栄養 講義3単位 412-101.医療連携 講義2単位

FEATURE特集

記事一覧を見る

PR賛助会員からのお知らせ