公共社団法人日本栄養士会 公共社団法人日本栄養士会

  1. Home
  2. 日本栄養士会とは
  3. 会長からのメッセージ

会長からのメッセージ

人びとの生命と健康を支えるために、

管理栄養士・栄養士の現代的使命と日本栄養士会の役割。

食のシーンに笑顔があふれる、明るい未来の創造を目指して

日本の栄養士は、大正15(1926年)にわが国で初めて栄養学校を設立した、佐伯矩(さいきただす)医博によってその養成が始まりました。昭和20(1945)年に「栄養士規則」、昭和22(1947)年に「栄養士法」が制定され、正式に法的根拠のある栄養士制度がスタートしました。
昭和37(1962)年には管理栄養士が誕生しました。
平成12(2000)年に栄養士法の一部が改正され、管理栄養士が登録制から国家資格としての免許制が確立しました。

栄養士制度が始まった当時は、戦後で食料事情がわるく、栄養不足が大きな問題でした。
多くの先輩栄養士が、キッチンカーを走らせながら栄養改善に努力した功績は、現在にも語り継がれています。
その後、経済成長に伴って「過剰」へと栄養問題は変化し、成熟社会となった現代においては「偏り」と「過剰」、さらには「不足」が混在する多様な問題を抱えるようになりました。
個人の一生という視点からみても、栄養不足や偏った食生活の時期もあれば、過食で肥満や生活習慣病に悩んだ時期もあるかもしれません。
また、高齢期になると一転して、低栄養の問題に直面する場合も少なくありません。このように、ひとりの人間が、ライフステージによって異なった栄養上の課題をもつことは、決して珍しくないのです。
また、健康状態が悪化して病に伏してしまうと、食欲が低下して必要な栄養摂取が困難となり、病気の回復を遅らせたり、合併症にかかったりすることもあります。人の生涯には多様な栄養問題が存在しており、口に入れた食物(栄養素)の偏り・過剰・欠乏は、人びとの健康やQOL(Quality of Life)を大きく損なう場合があるのです。

ところで、管理栄養士・栄養士は、「栄養の指導」(栄養士法第1条)を通して、人びとの栄養上の課題の解決を支援することを使命としています。それは、単に望ましい食生活の紹介にとどまるのではなく、科学的エビデンスに基づいて、個人や集団における偏り・過剰・欠乏などの多様な栄養問題を評価(栄養アセスメント)、判定(栄養診断)し、その結果に基づいて適切な解決法(栄養計画)を立案します。
さらに、計画を実施し経過を観察(モニタリング)しながら、適切に修正を図りつつ課題解決に当たります。
そのため「栄養の指導」には、専門的で高度なスキルが求められるのです。
さらに、近年は病院や介護施設だけでなく、地域社会や在宅での多様な栄養や食に関する課題に対応するため、地域で連携した活動が必要になっています。
日本栄養士会は、このように多様化する社会的ニーズや国民の皆さまの期待に応えることができるように、専門職としての管理栄養士・栄養士のスキルの向上、国民の皆さまへの栄養や食に関わる情報提供、環境整備など、公益団体としての使命を果たしていきたいと考えています。

公益社団法人 日本栄養士会会長 小松龍史

FEATURE特集

記事一覧を見る

PR賛助会員からのお知らせ